皆さんの御家庭で電気がどのくらい使用されているかご存知でしょうか。

例えば組み込み型200VのIHクッキングヒーターが入っている場合の合計アンペアとか。

また床暖房でも200Vの製品が多いですね。

 

このように200V機器と100V機器が混在する場合の電気計算って理解していないと解りづらい部分があります。

例えばIHクッキングヒーター 一口3000Wというのが多いですが、これは200V機器なので
3000W / 200V = 15A   200Vで15A必要ということになります。。

ただ一般の御家庭ではこのように
__1
単相3線になっていて、100V換算しないと契約ブレーカーの計算はできません。つまりIHクッキングヒーターの一口は3000W/200Vx2 =30A

なので調理しながらエアコン7Aつけて、炊飯器13Aつけて、冷蔵庫3A、TV2A、照明5A、電子レンジ15A、ドライヤー10Aなどが重なるとすぐ50Aを越えてしまいます。
エアコンも通常時はいいですが、スイッチ入れてすぐは電気を一番使用しますので要注意です。

その場合は下記のように、基本料金はあがりますが
__3
主開閉器による契約がいいですね。

図のように50Aの漏電遮断器ですと、中性線の白と黒で50A、白と赤で50A、つまり100A使えます。

上記資料 東京電力より
http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/keiyaku/images/c04-j.pdf